所在地  〒374-0046  群馬県館林市上三林町197番地   電話 0276-71-1000  FAX 0276-71-0666

 

ようこそ、館高特のホームページへ

平成23年4月に開校し、7年目を迎えました。
群馬県立館林高等特別支援学校は、知的障害の単一障害の他、知的障害と肢体不自由の障害を併せ有する重複障害の生徒を対象とした高等部単独としては県内初の特別支援学校です。
 

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

お知らせ

「宇宙祭」のしおりをPDFファイルで掲載しました。
H29文化祭しおり表.pdf
H29文化祭しおり裏.pdf   


地域・保護者の皆様へのページ
に、学校評価アンケート集計結果を掲載しました。

交流活動のページに交流活動通信を掲載しました。是非ご覧ください。

交流活動通信より <宇宙(そら)カフェの様子>




*本校のメールアドレスが変わりました。
9月1日より以前のメールアドレスは利用できなくなります。上の標題に記載されている「kankoutoku-snes@~」のメールアドレスになります。

7月3日、4日に行われた「宇宙カフェ」は盛況のうち終了しました。ご協力ありがとうございました。

行事予定を更新しました。

地域・保護者の皆様への
ページ
に「平成29年度学校見学会・学校相談日・授業公開日のおしらせ」を掲載しました。

地域・保護者の皆様へのページに学校評価アンケート集計結果を掲載しました。

交流活動のページ
に「老人介護福祉施設すみれの里へクッションを寄贈」を掲載しました。
卒業生の皆様へのページに平成28年度同窓会の情報を掲載しました。
交流活動のページ
に「三野谷公民館まつり」を掲載しました。
卒業生の皆様へのページに平成28年度同窓会のご案内を掲載しました。
交流活動のページ
に「館林女子高校との交流活動」を掲載しました。





 

思い出のフォトアルバム

校訓

自立
自立し、社会参加への意欲を持てる生徒

共生
共に学び、互いの良さを認め合える生徒

伸長
自らの可能性を伸ばし夢や希望の実現に向けて努力する生徒

 

校章の由来

     

環の形は「みんなで、共に」という意味を表し、地域・家庭・教員が協力し、生徒を育んでいくという意味を表します。館林市は向井千秋宇宙飛行士の出身地であることにちなみ、館林市のシンボルである、つつじの花を星に見立て、「館林」と「特別」の頭文字をとった「T」を帯のように配置することで、流れ星をイメージしました。人々に希望を与えられる流れ星のように、社会に出てからも自立し、輝ける生徒を育んでいくことを図案化しました。

 

進路指導部よりお願い

生徒の作業学習のため、企業からの委託作業の提供を
本校生徒は、社会的自立を目標に、一般就労の能力育成をめざし「作業学習」を行っています。
そのため、働くことの大切さを学習できる受託作業を募集しています。

(企業からの委託をお願いしたい作業例)
○ビルメンテナンス ・床清掃・窓清掃・トイレ清掃など
○事務 ・名刺の作成・伝票整理・事務機器や情報機器の操作など
○福祉 ・介護に関する補助的な内容(車いすの操作・ベッドメーキング・洗濯物たたみ)など
○その他軽易な作業
平成23年度に行った受託作業は次の作業です。
エプロンたたみ、タオルの袋詰め、当たりくじの制作、ハンガーの解体分別、DVDケースの解体分別、段ボール箱組み立て、農作物用ガゼット袋重ね

(ご留意事項)
●生徒の「作業学習」が中心ですので、できるだけ納期が長いものをお願いします。
●「こんな作業をお願いできるだろうか?」と迷った時は、とりあえずご相談ください。 

                                 詳細は進路指導主事 大津まで